コーヒーがおいしく飲める水ってどんな水でしょうか

コーヒーは、使用するコーヒー豆で味が左右されますが、それと同じくらいのレベルで、使用する水も大変重要です。コーヒーの香りや味に、大きな影響を与えます。それでは、コーヒーにとっておいしい水とは、一体どんな水なのでしょうか。

 

コーヒーに含まれている苦味の成分の性質は、硬度が低い軟水に対しては溶けにくく、硬度の高い硬水に対しては良く溶けるということが言えます。ミネラル分であるカルシウムやマグネシウムなどは、硬水に多く含まれていますが、コーヒーの主成分となっているカフェインや良質のタンニンの抽出を妨げます。このことから、苦味の強いコーヒーを飲みたい場合には、硬水を使用し、酸味をより多く感じ、マイルドなコーヒーを飲みたい場合には軟水を使用するとよいということが言えます。

 

コーヒーの香りについては、カルキ臭が影響を及ぼしていますが、これは水に含まれている塩素を排除することによりある程度改善されます。コーヒーに水道水を使用する場合、水道水の水を一度沸騰させて使用するか、活性炭が入っている浄水器を使用すると良いでしょう。

 

一般的には、軟水を利用した方が、コーヒー豆の味が良く分かるようです。これは、軟水はコーヒーの成分に影響を与えにくいという理由からです。国内で生産されているほとんどのミネラルウォータは、軟水となっていますので、コーヒーのむ水として利用されると良いのでしょう。美味しいコーヒーを飲む為の条件として、水が大切であることを覚えておきましょう。

このページの先頭へ戻る